小田セン。

鉄道マニアがプリパラをやるとこうなるブログ。

アニメ感想

アイドルタイムプリパラ10話「助っ人アイドル始めたっす!」感想

虹色にの。 スポーツ大好きで、アツい物には興味が深く、そしてパン派。 アイドルはスポーツじゃないので拒否し続けてきた彼女が、遂にアイドルデビューする事になりました。そのきっかけになったのは、ある人の存在でした…

アイドルタイムプリパラ9話「おしゃれスタジオ始めたっての」感想

表の顔はアボカド学園のチア部。 しかし裏の顔は、ダンプリ一筋の親衛隊、ひつじ隊。 そのメンバーのひとり、無愛想なサイドハーフアップ、ちあ子。彼女にはある秀でた能力があったのですが、それが原因で仲間の絆が試される事に。今回はそんなお話…

アイドルタイムプリパラ7話「そふぃがやってクール!」8話「ライスをねらえ!」感想

今日も今日とて振興活動中のゆいとらぁら。 一人は助っ人、一人は有望株。 2人を巡って二人は奔走し続ける…そんなお話。

アイドルタイムプリパラ6話「ユメユメ!?男プリ潜入!」感想

徐々に女子が増えつつあるパパラ宿プリパラ。 しかし、それでもなおステージに立つ物まではなかなか現れず、大会開催がピンチなのは変わらない状況… その理由のひとつが、男子版プリパラ、ダンプリ。ダンプリTVの時間になると女子は皆そっちに行ってしまうの…

アイドルタイムプリパラ4話「まいどぷり!みれぃやで!」5話「プニコンのマネージャー修行クマ!」感想

えー、アニメ感想がだいぶ滞っています。 私は十分にネタがないと物を書けない性格なもので、「種を撒く」展開が続く序盤ではどうしてもこれといって書くものが思いつかないのです… そういう訳で今回は2話まとめてやっちゃいます。

アイドルタイムプリパラ3話「ゆめかわ!メイキングドラマ!」感想

苦心の末開通した、プリズムストーンへの地下トンネル。 そしていま、多くの女の子がそこを通ってプリパラへ向かう… 遂にここまできた…! …と、またしても酷い妄想に走るゆいなのでした。 トンネルは補強工事のまっただ中。女の子なぞ一人も通っちゃいない。…

アイドルタイムプリパラ2話「ここ掘れ、アイドル」感想

ゆいとらぁらの手によって、パパラ宿のプリパラは遂にスタートを切りました。 が、それも束の間、ふたりの前に大きな壁が…!

アイドルタイムプリパラ1話「ゆめかわアイドル始めちゃいました!?」 感想

アイドルを夢見る少女と、 神アイドルになった少女が出会う時、 新たなる「時」が動き出す―――― 遂にシリーズ4年目となったプリパラ。 タイトル・舞台も一新、話数もリセットされ、再びゼロからスタートする新たなるプリパラの物語は、その言葉の通り、まさに…

プリパラ140話「み~んなトモダチ!ず~っとトモダチ!」感想

プリパラの危機は去り、神アイドルとなったらぁら。 しかし、心は未だジュルルとの別れで曇ったまま… 何かに懸けるかのように早朝からプリパラにインするらぁらですが、これといって変化はありません。ところが…? 遂に「プリパラ」としてはこの回が最終話。…

プリパラ139話「愛フレンド友」感想

トモダチの力が、新たなる神話を生む――――― 女神不在によるプリパラの危機。 真の神アイドルとなったそらみスマイルは、この状況を救えるのか。 しかし、一番大切だったのは―――― 神アイドルを巡る戦いも、遂にクライマックスです。

プリパラ138話「誕生!?神アイドル」感想

激戦を闘い抜き、神ドレスを解放し、遂に優勝を勝ち取ったそらみスマイル。 しかし、これで終わりではなかった。 この時点ではまだ神アイドルになる「権利」を得たに過ぎない。真に神アイドルになるには、ふたりの女神と勝負し、勝利しなければならないとジ…

「劇場版プリパラ み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!」感想

プリパラ内での宇宙、即ち「ぷちゅう」! そんな広大なぷちゅうを舞台に、プリパラの素晴らしさを広めるべく、プリパラアイドル達が歌って歌って歌いまくる! 昨年春の「プリパリ」以来の通算4作目のプリパラ映画。ただし今回は「劇場版」というのがミソ。「…

プリパラ136話「3年目のテッパン」137話「決戦!神アイドル」感想

神アイドルグランプリファイナルもとうとう決勝戦。 最後のカードはやはりこうなったかという、そらみスマイルvsドレッシングパフェ。 最高の仲間であり、最大のライバルでもある両チーム。 1期から続く因縁に、遂に決着の時が―――

プリパラ135話「スマイル0%」感想

好カードが続く神アイドルグランプリファイナル。 SoLaMi♡SMILEとトリコロールという、準決勝にしてある種の頂上決戦ともいえるビッグマッチは、これまで3年間幾度となく繰り広げた激闘の集大成とも言える、まさにベストバウトな一戦となりました。